独立行政法人農林漁業信用基金
サイトマップ 文字サイズについて
トップページ > 信用基金とは > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

独立行政法人農林漁業信用基金は、農業の担い手の育成・確保、林業・木材産業の成長産業化、水産業の「浜」単位での所得向上及び沖合・遠洋漁業の国際競争力の強化等農林水産政策の一環として、農林漁業を営む皆様の信用力を補完し、農林漁業経営等に必要な資金の融通を円滑にすること等により、農林漁業の健全な発展に資することを使命とする独立行政法人です。
 農林漁業信用基金は、農業信用基金協会・漁業信用基金協会が行う農業・漁業の経営等に必要な借入金の債務保証について保険を行うとともに、林業の経営等に必要な借入金について直接債務保証を引き受ける業務を行っています。また、災害が発生した際に、農業・漁業を営む皆様への共済金の支払が円滑に行われるよう、農業共済団体・漁業共済団体への貸付けの業務を行っています。
 農林漁業信用基金においては、平成30年4月から、5年間の中期目標期間が新たに始まりました。融資機関等に対する保証・保険制度の普及推進・利用促進、適切な保険料率・保証料率・貸付金利の設定、保険事故率・代位弁済率の低減、貸付業務の適正な実施など、更なる業務の質の向上に取り組んでまいります。また、業務運営の効率化や財務内容の改善に積極的に取り組むとともに、ガバナンスの高度化や情報セキュリティ対策にも適切に対応してまいります。
 農林漁業信用基金の使命の実現に向けて、国の政策の展開や経済情勢の変化を踏まえつつ、国民の皆様の期待に沿った質の高いサービスが提供できるよう、役職員一丸となって精励してまいる所存です。御理解と御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
独立行政法人農林漁業信用基金
理事長  今 井  敏
信用基金理事長
HOMEへ
農林漁業信用基金とは
情報公開
個人情報保護
反社会的勢力排除への対応
契約関連情報
オープンカウンター公告
(少額の契約)
リンク集
お問い合せ