独立行政法人農林漁業信用基金
サイトマップ 文字サイズについて
トップページ > 信用基金とは > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

独立行政法人農林漁業信用基金は、農業の担い手の育成・確保、地球温暖化防止等森林の有する多面的機能を持続的に発揮させるための林業・木材産業の再生、国際競争力のある漁業経営体の育成・確保など農林漁業政策の一環として、農林漁業を営む方の信用力を補完し、農林漁業経営等に必要な資金の融通を円滑にすること等により、農林漁業の健全な発展に資することを使命とする独立行政法人です。
 私ども農林漁業信用基金は、農業・漁業信用基金協会の行う農業・漁業の経営等に必要な借入金の債務保証に対する保険業務を運営するとともに、林業の経営等に必要な借入金について直接債務保証を引き受ける業務等を行っています。また、農業・漁業災害が発生した際に、農業・漁業を営む皆様への共済金の支払が円滑に行われるよう農業・漁業共済団体への貸付け等の業務を行っています。
 現在、農林漁業信用基金は、平成25年度から29年度までの5年間の第3期中期目標期間の最終年度を迎えています。この中期目標を達成するため、中期計画及び年度計画に即し、業務運営の効率化、統合的リスク管理を含めた内部統制態勢の強化、財務内容の改善等に取り組んでいるところです。
 また、平成28年2月には、ガバナンス強化の観点から出資者や学識経験者から構成される運営委員会が設置されたところであり、ここで出された委員の方々からの意見を踏まえ業務運営を行っているところです。
 平成28年6月に閣議決定された「日本再興戦略2016」において、民間金融機関による農業融資の活性化に向けて保証制度を見直すとされたことを受けて、農林漁業信用基金としても保険料率の引下げ等を講じるなど、国の政策の展開を踏まえた取組を行っているところであり、今後とも現下の経済情勢に適切に対応し、国民の皆様の御期待に沿った質の高いサービスを提供するよう、農林漁業信用基金の使命を的確に果たしてまいります。

 
独立行政法人農林漁業信用基金
理事長  堤  芳夫
信用基金理事長
HOMEへ
農林漁業信用基金とは
情報公開
個人情報保護
反社会的勢力排除への対応
契約関連情報
オープンカウンター公告
(少額の契約)
リンク集
お問い合せ